駆除奮闘!バスターズ社長ブログ

オフィス内で執務室の軸の掛け替え

節分も過ぎましたので、軸を掛け替えました。
「松韻通万古」
お茶席にもしばしば掛かる、五文字の漢語です。
意味は、四季を通じて翠(みどり)色の松の木にあたる
その風の音は、大昔から変わっていない・・・つまり
『真実は一つ』と言うことです。
書は、私が責任役員を拝命する臨済宗総本山京都東福寺、3代前の管長
岡田熙堂老師です。
井山忘路庵の名は、総社市の井山宝福寺から本山に入られたため、その山の名、井山と
帰る道を忘れるほど修行をなさったことで、忘路庵を結んで、井山忘路庵の名を付けて
おられます。
今月に入り、ご縁の方々から、沢山にお仕事を頂いており、
ありがたいことです。
『真実は一つ』です。
ご奉仕の心で、前進あるのみです。

DSC00370

ネズミの飼育調査

平素駆除対象として、要請を頂いた住宅で、ネズミ被害の駆除作業を
行っていますが、最近腑に落ちないこともあり、捕獲して喫食状態の
調査研究をしています。
害虫・害獣も、薬剤に対抗性が出ていると言います。
目の前で喫食状態などを確認できるのは、良い研究となります。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

有限会社白神環境衛生消毒は、岡山市に本社を構える害虫駆除会社です。

害虫駆除と一口に申し上げましたが、シロアリ駆除、キクイムシ駆除、ハエなどの飛来昆虫類駆除の他、
ゴキブリ駆除、ネズミ駆除、イタチやハトなどの小動物防除をはじめとして
時に生活区域において脅威となるハチ、蚊、毛虫駆除なども請け負っております。
上記のような駆除の他、国宝や重要文化財に対する毒ガス燻蒸による建造物の保全や
建物内部の衛生管理のための薬剤散布も行なっております。

人に有害な生物の活動を人の生活を害さないレベルまで制御することを
ペストコントロールといいます。

白神環境衛生消毒は「正しいことだけを行い、不必要ことまで行わない。」を主眼に、
多岐にわたるペストコントロールを専業にしています。

このブログは、そんな白神環境衛生消毒の代表である白神久志が、
日々の生活の中で気づいたことやお伝えしたいことを徒然なるままに記したコーナーです。

今後は定期的にその都度アップして参りますので、どうぞお楽しみくださいませ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

セミによる純和風住宅木部への加害

季節が異なりますが、昨日、この被害の話が出たので、
過去の資料を繰って、資料を見つけ、再掲載いたします。

改めてセミによる木部美観被害の写真を紹介します。

在来工法の純国産材使用のお住いに、
チョンチョンチョンと均一化された
傷が、外部の木部に発生するとの連絡。

お伺いして撮影したものが、これら写真です。

200611201035000.jpg

200611201031000.jpg

玄関の格子の引き戸の材や、玄関の屋根を支える檜の柱などに
不謹慎ですが、気持ちいいほど均一に傷が入っています。

一部破損していた材を持ち帰って、実体顕微鏡で観察すると
発見されたのは、セミの卵です。

セミ産卵跡写真3.JPG

セミ産卵跡写真1.JPG

そうなんですね!これは、セミが樹木に産卵をしないで、
高級在来工法住宅の、純国産材に産卵した痕跡なんです。

美観上の被害としか言いようがないのですが、住んでおられる方は、
ひとまず安心された、そんな出来事でした。

ネズミ!小動物と侮るなかれ!!

脅威ラットコンクリート突破 (1).jpg

年間5000か所以上で、駆除施工を行っておりますが、
この事例は、非常に珍しく、驚きを越えて怖さに震えま
した。

普通の人だと思って親しくしていたら、精神異常者だった
と、突然気付かされる事件に、巻き込まれた時のような、
そんな驚きです。

写真の赤いカコミにある穴は、ネズミが開けた穴です。

ここはコンクリートです。

床下を進み、床下収納を囲むコンクリートの覆いを突破し、
地中から開口させて、その掘り出した土を表に積んで、
その周りにフンを痕跡に残している様子です。

感心するどころではなく、こんなことをする能力があるというなら、
そこらじゅうの家が、コンクリートの壁が穴だらけになります。


この被害を及ぼしたネズミの駆除行うことは、弊社の業務ですが、
どんな奴なのか、「面(つら)?」を見てみたいものです。

ホラー映画に出るような、恐ろしい形相の、髪の毛が長くて、
黒縁の眼鏡をかけているような、そんな映画「らせん」に出て
くる貞子のような恐ろしさの、新たな生物だったらどうしようかと
不安になった一瞬でした。

ハトの飛来を見て見ぬ振りすると!

130526_085613.jpg

冒頭の写真は、賃貸マンションの空き部屋の管理を
怠っていたため、玄関ポーチにハトが飛来して、
営巣し、とうとう卵まで産まれてしまった一例です。

卵は回収するとして、問題はこのフンの山です。

ハトのフンの中には、クリプトコッカス菌と言う、
恒常的に吸い続けると、人を死に至らしめる、厄介
な モノ(菌)が存在しています。

防鳥施工は、費用がかさみますが、営巣を無視していると
入居者の「不衛生なので嫌気がさして退去」と言う、賃貸
業者には困った事態も発生します。

お気軽にご相談ください。
ページの先頭へ