130526_085613.jpg

冒頭の写真は、賃貸マンションの空き部屋の管理を
怠っていたため、玄関ポーチにハトが飛来して、
営巣し、とうとう卵まで産まれてしまった一例です。

卵は回収するとして、問題はこのフンの山です。

ハトのフンの中には、クリプトコッカス菌と言う、
恒常的に吸い続けると、人を死に至らしめる、厄介
な モノ(菌)が存在しています。

防鳥施工は、費用がかさみますが、営巣を無視していると
入居者の「不衛生なので嫌気がさして退去」と言う、賃貸
業者には困った事態も発生します。

お気軽にご相談ください。