季節が異なりますが、昨日、この被害の話が出たので、
過去の資料を繰って、資料を見つけ、再掲載いたします。

改めてセミによる木部美観被害の写真を紹介します。

在来工法の純国産材使用のお住いに、
チョンチョンチョンと均一化された
傷が、外部の木部に発生するとの連絡。

お伺いして撮影したものが、これら写真です。

200611201035000.jpg

200611201031000.jpg

玄関の格子の引き戸の材や、玄関の屋根を支える檜の柱などに
不謹慎ですが、気持ちいいほど均一に傷が入っています。

一部破損していた材を持ち帰って、実体顕微鏡で観察すると
発見されたのは、セミの卵です。

セミ産卵跡写真3.JPG

セミ産卵跡写真1.JPG

そうなんですね!これは、セミが樹木に産卵をしないで、
高級在来工法住宅の、純国産材に産卵した痕跡なんです。

美観上の被害としか言いようがないのですが、住んでおられる方は、
ひとまず安心された、そんな出来事でした。